にしむログ

 -英語初心者が、25歳からバイリンガルを目指す-

ファームで金を荒稼ぎする方法2/4 稼ぎたければタリーに行け

      2014/05/11

file5161341162730 (1)

クイーンズランドにバナナファームで有名な村、Tully(タリー)があります。
ここへ行けばファームの仕事でお金を稼ぐことができます。
仕事はバナナファームでのピッキングやパッキングです。基本的に仕事は現地で見つけるのが一般的なので、とりあえずタリーに行きましょう。

なぜTullyなのか?タリーで働くメリット

1、時給が$19 (約1900円) 現在$20.4(QLD最低賃金引き上げのため、$20.4に変更されています。)
この村では全てのバナナファームの仕事が20.4ドルです。
時給なので安定して稼げます。

2、週に4-6日仕事がある。
仕事がコンスタントにあり、とても稼ぎやすいです。
基本的に毎週5日の労働で、まれに週に5日を超える場合があります。その場合エキストラペイ(残業代みないなもの?)が発生し、6日目からは給料が1.5倍に跳ね上がります。

3、年中仕事がある。
1年中いつ行っても仕事があり、仕事を一旦見つけると最高6ヶ月間働けます(オーストラリアのルールで、同一雇用者のもとで働けるのは6ヶ月まで)。このように年中仕事があるのはTullyだけだと思います。
ちなみに6ヶ月以上働きたい方は満期終了後に他のファームに移ることもできます。ぼくはタリーで2年近く働いている日本人を知っています。彼はもちろんワーホリです。2年間で何百万もの貯金を貯めて日本へ帰国したそうです。

Tullyへの行きかた

バスでしか行けません。greyhoundという長距離バス会社があるのでそれを使いましょう。ケアンズから3時間ほどで着きます。
ケアンズに到着後にバスのチケットを買えば良いと思います。 チケットはネットで買えますが、ケアンズにもgreyhoundの支店があるので直接購入すると安心です。
greyhoundのHPです。http://www.greyhound.com.au/
チケットの予約、や店舗の場所を確認できます。

(ケアンズ to タリー)
交通手段  greyhoundバス
料金    $25
時間    約3時間

タリーのバナナファームでの具体的な仕事内容

バナナファームでは10種類以上の仕事内容があり、そのどれかに割り当てられます。
男性と女性でする仕事も変わります。

(男性)
力仕事にあたる可能性が高い。
仕事内容によってはハードなものもある。

○ハンピング○
もっとも体力的にきつい。バナナの大きい房を抱えてトラクターまで運ぶ仕事。バナナの房は大きいもので60Kg以上あるので非常に重労働。外での仕事のため爽快感はあるが、雨が降ると大変。
体力・筋力的に無理で脱落する人もいる。どうしても無理な場合は上司に言ってポジションを変えてもらうのがベター。

○ハンギング○
バナナの房をチェーンにかける仕事。専用の機械を使って行うのでそれほど体力は必要ない。スピードが要求されるが慣れれば問題なし。
僕が実際に経験した仕事です。初めの1週間はきつかったがすぐに慣れ、楽しんで働くことができました。

○バギング○
専用のバギーを運転し、収穫前のバナナの房にカバーをかぶせる仕事。
仕事中は完全に一人のため気が楽であり、ほとんどの時間をバギーの運転に費やすため個人的にはあたりだと思う。

(女性)
基本的に工場の中で仕事をする。
男性に比べて肉体労働は少ないが、それでもそれなりに力使うこともあるようです。

○パッキング○
バナナを箱につめる仕事。スピードが要求され、仕事が早い人は昇給できるファームもある(通称:パッキングペイ)。

○カッティング○
ナイフでバナナの房を小さくカットする仕事。ナイフを扱うため怪我に注意。僕のファームでは新しく入ってきたヨーロッパ人の女の子がこの仕事に割り当てられ、初日で怪我をしクビになっていました。

○ソーティング○
手でバナナをむしり取り、商品にならない痛んだバナナを選別する仕事。慣れないうちは手が痛くなるようです。

以上に記入したのがバナナファームでの一般的な仕事ですが、これ以外にもたくさん仕事があります。どれに割り当てられるかは実際に雇われて見ないとわかりません。

 

今回はタリーで働くメリットや仕事内容について書きました。バナナファームで仕事をしたい場合はとりあえず、タリーに行きましょう。しかし、ただタリーに行くだけで仕事を見つけるのは非常に困難です。
次回はどのようにして仕事の見つけるのか。タリーで仕事を見つける方法について書きます。

 

 

この記事が参考になった方。クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 - オーストラリア ファーム