にしむログ

 -英語初心者が、25歳からバイリンガルを目指す-

シドニーのバックパッカーはここがお勧め

      2014/06/19

こんにちは。
合計7ヶ月間、オーストラリアでバッパー生活をした西村敬介(@keisuke160)です。

さてさて、今回は僕がシドニー滞在中に利用したバックパッカーを紹介・レビューしようと思います。
シドニーに行く機会があれば参考にしてください。

 

1、City Resort Hostel

DSCN0054444-1024x821
▲写真:City Resort Hostelのエントランス

 

場所: Woolloomooloo , Sydney

HP:http://www.cityresort.com.au/?en/home

 

(レビュー)

料金:☆☆☆

英語環境:☆☆☆☆

立地:☆☆

設備:☆☆

スタッフ:☆☆☆☆

 

(特徴)

ヨーロピアンが比較的多いため、英語環境を作りやすい。
料金はまあ普通だと思います。

僕が滞在していた時は、男性と女性のスタッフが1一人ずついましたが、対応はかなり良かったです。

立地はcityの中央から徒歩20分ぐらいの少し離れたところ。Kings crossというちょっと危険な地位に隣接しているため、治安がよくありません。なので、女性が一人で滞在するのはやめたほうが良いと思います。

キッチンはシンクとIHヒーターのみ。

 

(思い出)

人生ではじめて利用したバッパーです。いろんな事件が起きました。

誰かがオーブンを爆発させて火事になりかけたこと(消防車が数台来て大騒ぎでした)

薬物中毒の男性が夜中にやってきてバッパーを荒らして帰ったこと(バッパーの設備を破壊して、一部の部屋が崩壊しました)

毎日女装してるおっさんもいました。

それと、なぜか僕の滞在していた期間はレズやゲイの方が多かったです。

かなり濃い出来事がいっぺんに起こったので、何も知らなかった僕は「バッパーって凄いところだなー、、、」って思っていました。

後に、他のバッパーに滞在し、このバッパーだけが特別だと気づきました。

刺激を求めるなら良いところかもしれません。英語環境も作りやすいです。

 

City Resort Hostel 写真集)

prop-img-full-hnr3dgnn-3oh4sk3jz7k0
▲ キッチン

DSCN0069
▲ 調理用具はレンタル可

DSCN0071
▲ 部屋の中 1(写真に写っているのはルームメイトです)

DSCN0040
▲ 部屋の中 2

 

2、Sydney Backpackers

4670888_2_b
▲写真:Sydney backpakers エントランス

場所:Sydneyの町の中心地

HP:http://www.sydneybackpackers.com/

 

(レビュー)

料金:☆☆☆

英語環境:☆☆

立地:☆☆☆☆☆

設備:☆☆☆☆

スタッフ:☆☆

 

(特徴)

韓国資本のバッパーだと思います。スタッフは全員韓国人でした。
そのため、宿泊者も韓国人が多く、英語環境としてはあまりよくありません。スタッフの愛想も悪かったです。

立地は最高。まさしくシティのど真ん中です。そして部屋やその他設備がキレイ。建物自体が新しく、快適に生活したいならこのバッパーをオススメします。

 

(思い出)

このバッパーは他と違い珍しく、宿泊者同士の会話がほとんど無い。

そのため、思い出はほとんどありません(笑)。

ただ、設備のキレイさや部屋の大きさなどに凄く驚いた記憶があります。

立地もいいですし、ここでは快適に過ごせました。

初めてバッパーに滞在する人には、ここがオススメです。

 

 

3、 Maze backpakers

429818_b

場所:Sydneyの町の中心地

HP http://www.mazebackpackers.com/

(レビュー)

料金:☆☆☆

英語環境:☆☆☆☆☆

立地:☆☆☆☆☆

設備:☆☆☆

スタッフ:☆☆

(特徴)

ヨーロッパ人がとても多いため、英語環境を作るならかなり良い。

先に紹介した2つのバッパーに比べ、建物がかなり大きくいろんな人と知り合える可能性がある。

設備は古いため、部屋などけっこう汚い。

かなり大きなキッチンがあるため、料理する設備は整っているが、その分人も多く食事時にはかなり混雑します。

僕が滞在していた時は、アジア人がほとんどいませんでした。そのため英語環境は作りやすいですが、英語を話すことに抵抗がある方は、避けたほうが無難だと思います。

立地は最高に良い。

(思い出)

6人部屋で、僕以外の5人全員がイギリス人でした。

部屋の臭いがきつく、かなり汚かったのですが、一人のイギリス人女性がチェックアウトしたことをきっかけに、部屋がかなりキレイになり臭いがなくなりました。
部屋の汚さと臭いの原因はこの一人の女性が原因だったのです。。。

当時僕はジャパレスの仕事で忙しく、ほとんど部屋にいなかったため、あまりルームメイトと仲良くなる機会は少なかったのですが、みんな良い人っぽかったです。

 

まとめ

以上、僕がシドニーで滞在した3つのバックパッカーです。

英語を勉強したいなら、 Maze backpakers。

快適に過ごしたいなら、Sydney Backpackers。

刺激を求めるなら、City Resort Hostel

っていう感じですね。

 

バッパー初心者の方には、Sydney Backpackersを強くお勧めします。かなり快適に過ごせます。
Sydney Backpackersでバッパー生活に慣れてきて、刺激や英語を話す機会を求めるようになれば、Maze backpakersに移れば、スムーズにバッパー生活に馴染めるでしょう。

 

ちなみに、Sydney BackpackersとMaze backpakersは距離が近く、移動も簡単です。

 

ただ、結局のところバッパーはルームメイト次第なところがあります。

そのため、部屋の居心地が悪く感じたり、ルームメイトと上手くいかない場合は、積極的に部屋を変えてもらいましょう。

 

いろんな人と出会えるのがバッパーの最大の魅力。海外の友達もたくさん増えます。
みなさんも一度はバッパーに滞在してみてはどうでしょうか?

 

 

クリックよろしくお願いします。応援ありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

 - オーストラリアワーホリ日記