にしむログ

 -英語初心者が、25歳からバイリンガルを目指す-

ファームで金を荒稼ぎする方法4/4 タリーで最も有力なバックパッカーは?

      2014/05/11

DSCN0380
(↑タリーのバックパッカー”Banana Buracks”のエントランス。Raftersというパブと併設されている)

こんにちは、にしむです。
本日の記事がタリーのバナナファームで働く方法の最終回です。

タリーで最も有力なバックパッカーはBanana Baracks

前回お話したとおり、タリーには3つのバックパッカーがありますが、その中で仕事の斡旋率が最も高いのは「Banana Baracks」です。

私がタリーに滞在していたときの感じでは、他のバッパーよりも3~5倍ほどの仕事紹介率でした。BananaBaracksには“ポーラ”と言う名前の非常に仕事ができる人が働いており、彼女にお願いすれば仕事を獲得できるチャンスがぐっと高まります。なので、仕事が無いうちは毎日レセプションに顔を出し、ポーラとコミュニケーションを取ることをオススメします。

ちなみに、人によって仕事を紹介してもられえやすい人と、なかなか仕事を紹介してもらえない人がいました。私の感覚では仕事を紹介してもらえる人は以下のとおりです。

1、バナナファームで働いた経験がある
仕事を希望する人の中には、以前タリーのバナナファームで働いた経験を持っている人もいます。彼らは一度タリーを離れたものの、タリーであまりにも稼ぐことができ良い思いをしたので、もう一度タリーで稼ぐために帰って来くるのです。このような人たちをタリーでは「出戻り」と言います。

2、英語が上手い
あればいい程度です。実際に英語が全くできない人もたくさん働いているので安心してください。ただ、上手いと働きやすいですし、ポーラからしても安心して仕事を紹介できるでしょう。 絶対に必要なわけではないので、喋れなくてもタリーで仕事を獲得することは可能です。

3、ポーラと仲が良い
前述したとおりです。なるべく毎日コミュニケーションを取るよう心がけましょう。

4、アジア人
バナナファームの中にはアジア人を中心に雇うところもあります。タリーで最大手のバナナファーム「マッカイ」は基本的にアジア人しか雇いません。。
よく働く、文句をあまり言わない、と言う点でアジア人を高く評価しているのです。

仕事はただ待つだけでなく、他の手段も使ってチャンスを広げる

可能性は低いですがバッパーに紹介してもらう以外にも、仕事を獲得する方法があります。バッパーからの紹介を待っている間に、これらの手段を使い仕事獲得率UPを行いましょう。

・ジャンピング(Jumping)
簡単に説明すると、バナナファームのオーナーと直接交渉すること。
毎朝バナナファームのオーナーが従業員を迎えに、バッパーの近くまでトラックやバスで来ます。そこで彼らとコミュニケーションを取り、仕事を探していることを伝え、直接雇用してもらうことを目指します。これを「ジャンピング」と言います。
とはいえ可能性は低く、競争率も高いため、「ジャンピングで仕事がもらえればラッキー」程度の期待で臨むべきです。

・友達からの紹介
バックパッカーに滞在しているとたくさんの人と仲良くなれるチャンスがあります。タリーでは従業員の入れ代わりが激しいため、バナナファームを辞める人と交代で仕事を貰える可能性があります。友人がファームを辞める際、その空きに入れないか聞いてみると良いでしょう。

※ちなみにバッパーから仕事を紹介してもらうと、仕事をやめるまでそのバッパーに滞在しなければなりません。一方でこのような方法で仕事を獲得できると、気に入ったバッパーやシェアハウスに移ることができます。バッパーに滞在するのが嫌な人は、このような手段で仕事を獲得することをオススメします。

最後に

これまで4回に渡り、タリーのバナナファームで働く方法を紹介しました。タリーで仕事を獲得するための基本的な方法は網羅できたのではないかと思います。タリー仕事を獲得できれば時給約2000円です。稼げます。仕事を獲得するのもそれほど難しくありません。
今回私が公開した情報がみなさんの役に立ち、タリーで働くことの手助けになれば幸いです。何度も言いますが、情報をしっかり収集してから行動するようにしてください。
一旦、タリーのバナナファームに関する記事は終わりますが、まだまだ書ききれていないこともあります。番外編としてタリーの追加情報を書くかもしれません。お楽しみに!!!

 

 

この記事が参考になった方、クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 - オーストラリア ファーム