にしむログ

 -英語初心者が、25歳からバイリンガルを目指す-

【最低賃金】 カナダ11ドル、オーストラリア20ドル。ワーホリ行くならその国の景気も考慮せよ。

   

こんにちは、トロントでワーホリ中の西村敬介(@keisuke160)です。
ワーホリ行くのに景気を考慮するっていう人、少ないんじゃないでしょうか?

景気は大切です!!

ワーホリでは慣れない英語環境で生活するので思っている以上にストレスを感じ、さらに資金に余裕がないとかなりの心細さを感じます。
僕はオーストラリアとカナダのワーホリを経験していますが、オーストラリアの最低賃金20ドルは非常にありがたかったです。

今回は「ワーホリとお金稼ぎ」がテーマです。

 

カナダとオーストラリアどちらお金を貯めやすい?

1、お金を稼ぐなら断然、オーストラリア

物価pic
▲物価の高いシドニーでは外食は避け、いつもスーパーで買い物していました

最低賃金20ドルという働くには最高の環境。オーストラリアにワーホリで行くとお金を貯めることが可能です。
単純計算で、日本でバイトするよりも約2倍稼げます。僕は4ヵ月半で100万円貯めました。
(参考記事:「ワーホリでファームジョブしたら、4ヵ月半で100万円貯まりました」

「自分は英語の勉強に行くから、お金は気にしない」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、お金があると行動の範囲も広まりますし、何より気持ちに余裕ができます。

一方で、物価はかなり高いため仕事がないと生活はキツイです。
外食するとランチでも1000円を軽く超えます。自炊は必須。
家賃も高いので、シドニーでは基本的に1部屋を数人でシェアするスタイルが多いです。

 

2、仕事の見つけやすさはどちらも同じ

image

▲トロントの街中を歩いているとよく目にする「Hiring(従業員募集)」
写真はセブンイレブンの募集です。

これは僕の感覚なんですが、求人の多さや仕事を見つけるハードルはどちらもあまり変わらない気がします。
ただ、カナダは冬になると求人が一気に減るという噂をよく耳にします。僕はまだカナダの冬を経験していないため分かりませんが、冬になったら仕事の状況をブログで報告しようと思います。

また、オーストラリアにはファームジョブがあります。これを入れると仕事の探しやすさはダントツでオーストラリアですね。しかもファームジョブはあまり英語力を必要としません。英語初心者でも仕事が見つけやすいのはかなりのアドバンテージです。

 

3、カナダの景気は日本と同じぐらい

image
▲僕が働いてるカフェのサンドイッチ。大体$4.5~$6.5ぐらい。

カナダの景気は日本と同じぐらい。物価、賃金は日本よりちょっと高いぐらいです。
なので日本にいる時の感覚でこちらにきても、それほどギャップを感じません。

税金やチップがあるため外食すると日本より少し高いですが、オーストラリアほどではないので大丈夫。家賃は1部屋500~700ドル程度(5~7万円)です。

最低賃金11ドルなので、日本で働くよりちょっとだけ高い。
数年前までカナダの最低賃金は8ドルだったらしいので、今はかなり恵まれていますね。

 

4、カナダで貯金は難しい。オーストラリアは可能。

image▲景気の良いオーストラリアではストリートパフォーマーも結構お金を稼ぐ。

カナダで週5フルで働いたとしても、貯金できるのは多くて月5万円ぐらいでしょうか。また、冬服を一通り揃えなければいけないので出費も結構かさみます。

貯金目的で行くなら絶対にオーストラリアです。
「オーストラリアは物価が高いから貯金できない」という話をよく聞きますが、物価の高さなんて気にならないぐらいの賃金が高いです。仕事があれば余裕で貯まります。

さらに、オーストラリアは最高2年間ワーホリができるのも大きい。
1年目で現地の情報や仕事の探し方(特にファームジョブ)を入手してしまえば、2年目は稼ぐことのみに集中できます。

 

まとめ:景気だけを考えるとオーストラリアが最高

やはり景気という視点のみで考えると、オーストラリアをオススメせざるを得ません。
僕は去年オーストラリアで時給20ドルで働いていましたが、今になって恵まれた環境だったんだなと思います。
カナダの時給11ドルも悪くないんですが、オーストラリアを経験した後だと少し物足りなく感じますね。

 

実際、カナダでも普通に生活するのは可能です。資金不足で途中から日本に帰国するなんてこともまずありえません。
時給11ドルなので日本よりも若干いいですし、今の生活に満足はしています。

 

僕のワーホリの目的は「英語力向上」です。みなさんがワーホリをされるのも同じように英語学習を目的にされる方が多いと思います。
そのためワーホリに行く国を決める際、その国の英語の訛りや人種、日本人の多さなどには注意を払いますが、景気や最低賃金をおろそかにしがちなのです。

 

景気・最低賃金は意外と重要ですよ。
僕はもう一回オーストラリアにお金を貯めに行きたいぐらいです。
これからワーホリに行くっていう方は、その国の景気も考慮してみてはいかがでしょうか。

 

(注意)
オーストラリアは物価が非常に高いため、仕事が見つからないと生活するのは非常に苦しいです。オーストラリアに行くなら仕事は必須です。
もし仕事が見つからない場合は、ジャパレスで働きましょう。ジャパレスなら絶対雇ってくれます。ジャパレスで働きながらローカルの仕事を探せばオッケーです。

 

にしむ

ランキング参加中。クリックよろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 - ワーホリでお金を稼ぐ